office365のサービスを始めたら、必ずやること

つい先日からメールが一斉送信されているかもしれませんが、office365を使いたかった皆さんお待たせしました! いよいよ、オープンベータが開始されました。

オープンベータ開始に伴い、私の方も新しいアカウントを取得しまして、注意しなくてはいけないことを整理しようと思いました。

第1回目は「必ずやらなきゃいけないこと」です。

office365のアクティベーションが完了すると、office365チームより
「Microsoft Office 365 Beta (プラン P1) へようこそ!‏」
というメールが届きます。
※メール内のプランは申込時のプランが表示されているはずです。

このメールに表記されているポータルサイトのアドレスをクリックすると、ログイン画面になります。このときに、サインアップ時に設定したメールアドレス(****@****.onmicrosoft.com)と設定したパスワードを指定してログインしてください。
https://portal.microsoftonline.com/admin/default.aspx

ログインが完了すると、次のような管理画面になるはずです。
365_kanri_top

実は登録直後の段階では、最初に登録したアドレスに対して何もサービスが設定されていません。そこで、「管理者用ショートカット」から「ユーザーライセンスを割り当てる」を選択してください。
すると、次の画面のようにユーザーを選択する画面が表示されます。
365_user_lisence_select
ここで、各ライセンスを割り当てるユーザー(はじめだと一人だけのはずです)の左にあるチェックボックスをチェックして「編集」を選択してください。

すると、ユーザーに割り当てられるサービスの一覧が表示されます。
※私のプランはP1なのでOffice 2010 Professional Plusは入っていません。
365_user_lisence_setting
割り当てるサービスをチェックしたら、必ず「保存」ボタンを押してください。
保存」ボタンを押さなかった場合、保存しなくてもいいですか?といったダイアログが表示されますから、一応安心です。

これで、管理者アカウントに対して一通りのサービスが利用できるようになりました。

あと、今回はすでに日本語ページになっていますが、デフォルトですと英語ページになっています。この英語ページを日本語ページに設定するには、実は左上に登録時に入力した組織名が表示されていますが(スクリーンショットでは塗りつぶしている箇所になります)、ここをクリックすると組織情報が表示されます。その組織情報の左上に「編集」というリンクがこっそりありますので、これをクリックすると組織情報を編集できます。この中に「言語設定」という項目があるので、「日本語(日本語)」を選択してください。そのあと、右下の「OK」ボタンを押下すると保存されて、晴れてポータルページが日本語で表示されるようになります。

これで、必要最低限の設定は完了したことになります。
それでは、レッツoffce365!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中