Windows Phone 7 ことはじめ(1) – UIデザイン/操作ガイドを読んでみる。

Windows Phone 7のアプリケーションを作成するに辺り、是非とも目を通しておいた方が良いドキュメントがあります。

Windows Phone 7 向け UI デザイン/操作ガイド
XPS版:3.80 MB
PDF版:3.29 MB
※予告なくリンク先が変更される場合がありますのでご注意ください。

このドキュメントは、Windows Phone 7の主要な操作とUIコントロールのデザインや配置に関して、気をつけなければいけない点などがかなり詳細に記述されています。一通り目を通しましたが、Windows Phone 7に限らず、AndroidやiPhoneでのUIデザインにも共通するところはあると思いますので、モバイルアプリケーションをしている方は是非目を通されることをオススメします。

このガイドに目を通しておいた方が良い理由は以下の通りです。

  1. 標準のコントローラを使用した際、アプリケーションが合格できる基準が記載されている。
  2. 操作する側の立場から、開発する側で気をつけなければいけない点がよく書かれている。
  3. ページ数自体も70ページ程度と短時間で読める。

逆に注意点もあります。

  1. XNAを使用したゲームアプリケーションを作成する場合は、また変わってくる。
    ※ただし、ボタンの配置などUIに関わる部分は、参考になります。
  2. アプリを終了する際に注意すべき点などは書かれていない。
    戻るボタンなどでアプリケーションからタイルUIに戻る場合、アプリを終了させるか、タスクを中断させるなどの制約がいろいろあるのですが、その辺の内容が記載されていません。

提出したアプリが不採用にならないためにも、一読をお勧めします。
最終的には、ライブラリ等に目を通してチェックすべきところはあるかと思いますが、必要最低限の項目はこちらのガイドラインに大体網羅されています。

次はWindows Phone 7で使えるオフラインのツールをご紹介したいと思います。
※現在配送中ですが、書きたいときに現物が届くか……。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中