Visual Studio 11 Beta, Windows 8 Consumer Previewが公開されました。

昨日2/29に待望のVisual Studio 11 Betaが公開されました。Developer Previewが公開されてから約半年の期間を経て公開されました。

VS11とTFSのセットアップに関しては、マイクロソフトエヴァンジェリストの長沢さんのブログでスクリーンショット入りで紹介されていますので、参考にしてください。

Visual Studio 11 Beta Ultimate / TFS のインストール手順

今回のVisual Studio 11で注目すべきはバージョン管理ツールのTeam Foundation Serverに待望の無償版であるExpress版が用意されたことです。ユーザーは5名までとユーザー数などに若干の制限がありますが、必須機能は従来のTFSと同様。使用感に関しては問題ないでしょう。

あと久しぶりにTFSのインストールをしたので分かっていなかったのですが、TFSではIISのインストールが必須になっています。また、サービス(World Wide Web Publishing Service)の起動も自動にしておく必要がありますので注意が必要です。image

VS11もBetaが公開されて、いよいよ製品がリリースされるのも秒読みになったことになります。
VS2010の時の快適さが細かいところでバージョンアップしているVS11を一足早く試したい方は、是非お試しください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中