Windows Phone 8が発表されました。

6月20, 21日にサンフランシスコで行われているWindows Phone Summitにおいて、Windows Phoneの次バージョンであるWindows Phone 8が発表されました。

発表された内容に関しては、各ニュースサイトで詳しく紹介されていますのでそちらをご確認ください。

今回の発表で特に楽しみになったのは、次のような点でしょうか。

  • カーネルがWindows 8と同様。
  • 複数解像度への対応(800×480, 1280×768, 1280×720)
  • Start画面のタイルカスタマイズが細分化。横4つまで配置可能に。
  • NFCに対応。
  • Company Hub(社内用 Hub)の実装。※ビジネス向け
  • セキュリティ強化。※ビジネス向け
  • Native Code(C/C++)での開発が可能。
  • Direct Xによるゲーム開発。
  • havokなどの有名なゲームエンジンが利用可能に。
  • 今夏末に最新のWindows Phone SDKのBeta版をリリース予定。

同時に残念な点も。

  • XNA Frameworkのサポートが不明。
    →今後はDirect Xで開発を進めるのが主流に。
  • 既存のWindows Phone 7.5端末はWindows Phone 8にアップデートされない。
    →直近のデュアルコア端末に関してはアップデートされてもいい気はするけど、シングルコアの端末は難しいでしょう(パフォーマンス的に)。
  • ハードウェアベンダーに日本企業が一社もなかった。
    →日本企業のやる気なさ度が露呈したともいえる。正直期待はしてなかったけど。

NFC対応のおかげでFelica実装も夢でなくなり、今後ベンダーでの対応は注目です。日本市場だと、ビジネス向けの展開が今後加速しそうです。

まずは今夏末のWindows Phone SDK待ちになるでしょうか。
新しいWindows Phone楽しみですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中