Office 2013 RTを見てみる(1)全体

Surface RTを始めとするWindows RTにプリインストールされているOffice 2013 RT。
海外の製品と日本ではどの辺が異なっているのか、この点をまず整理していきたいと思います。

概要

Office 2013 RTの概要ですが、現在日本で販売されている市販のOffice 2013 Home and BusinessからOutlookだけ除かれた製品群になります。
詳細はOffice 2013 RTの製品概要を確認してください。

※なおWindows RTでメールやスケジュール機能を利用する場合、プリインストールされているメールアプリ、カレンダーアプリを利用する形になります。

インストールされている製品

現在、Windows RTにインストールされているOffice 2013 RTは2種類存在します。

  • Office 2013 RT
    日本でインストールされているエディション
  • Office Home and Student 2013 RT
    日本以外でインストールされているエディション

上記2つのエディションは、製品構成(Word/Excel/PowerPoint/OneNote)は同じものの、利用できる範囲が異なります。日本で利用できるOffice 2013 RTは商用利用(仕事とかで使用)が可能ですが、海外で展開されるOffice Home and Student 2013 RTは商用利用が出来ない形態になっています。
日本の場合、OfficeプリインストールPCの比率が他国に比べて圧倒的に多いため、商用利用も可能なライセンス形態にしたようです。

※ASUS TF600Tには、最初「Office Home and Student 2013 RT Preview」がインストールされていますが、Windows Updateを通じて「Office 2013 RT」に変更されます。

使える機能

使える機能に関しては、基本機能やテンプレートなど市販されているOffice 2013とほとんど変わりません。

使えない機能

では、使えない機能は何があるでしょうか。
公式のページでは詳細な内容が書かれていますのでそちらで確認いただくとして、概要として以下のような機能制限があります。

  • マクロ、フォーム、アドインは使用できない。
    セキュリティの観点から悪意あるプログラムを動作させないためにマクロやフォームおよびサードパーティーが提供しているアドインは動作しないようになっています。
  • 電子メール送信機能
    アプリケーションからの直接ファイルを添付して電子メールを送信する機能は削除されています。
  • SkyDrive Sync統合
    Windows RTはローカルとSkyDriveの自動同期をサポートしていません。このため、Office Backstageビューを通してSkyDriveにアクセスし、ドキュメントの編集等を行います。
  • 数式エディター
    以前のバージョンのOfficeの数式エディターで作成された数式の編集をサポートしていません。表示はサポートされています。
  • Lyncからのファイルのダウンロード
    LyncはWindows RT版Officeでは提供されていません。そのため「Lync ファイルのダウンロード許可」コマンドが無効となり、Lync会議からのファイルや添付ファイルをOneNoteでダウンロードできなくなりました。

詳細を確認したい方は、マイクロソフトの公式ページOffice 2013 RT Previewのご紹介にある「Office 2013 RTで使用できないOfficeの機能にはどのようなものがありますか。」を確認してください。

画面構成

画面構成はどうでしょうか。スクリーンショットで見比べてみましょう。

以下のWord 2013のスクリーンショットはOffice 2013 RTです。

次にWindows 8でのデスクトップ版 Office 2013を見てみましょう。比較のため、同じファイル(このエントリー記事)を開いています。

解像度に差がある分、リボンの表示が若干異なりますが表示自体はほとんど同じであることがわかるかと思います。

まとめ

外見上の違いはほとんどありません。気にする必要もありません。大きな違いは先述したマクロが使えないなどの機能が削除された部分のみでしょう。
私みたいにマクロをまず使っていない人は全く遜色ありませんので気にせず使うことができると思います。

マクロがないと困るという人には、Windows RTではなくAtom搭載のWindows 8タブレットの方がよいでしょう。別途Office 2013を購入する必要がありますが、マクロをはじめとするフル機能を利用できます。

Officeを利用したいなと思っている方は、まずご自身の利用シーンを想定してからWindows RT版で問題ないのか検討する必要はあるかと思います。業務で利用される方は尚更でしょう。
マクロをはじめとする機能が必要なのかどうか。
アドインを利用しているのかどうか。
などなど、検討項目をしっかり確認したうえでご利用いただけたらと思います。

みなさんがWindows RT機を選ぶうえでの検討材料としていただけたら幸いです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中