Surface2買いました。

先日10月25日に販売された第2世代SurfaceであるSurface2ですが、案の定買ってしまいました。

前回のレビュー記事は「Surface RT(日本版)レビュー(到着から本体を眺めるまで)」を参照してください。

※今回の記事から、前世代のSurface RTをSurface、新世代のSurfaceをSurface 2と記述します。

今回も64GBモデルを購入。併せてType Cover 2のパープルを購入しました。

内容物に関しては、前世代のSurfaceとほとんど変わりませんので割愛しますが、唯一の違いはSkyDriveの追加容量200GBプラン2年分のチケット、Skypeの「固定電話かけ放題&Skype Wi-Fi 12か月無料」のチケットがついています。これらは、各サイトの購入画面でチケット裏面に印刷されているクーポンコードを利用する形になっていて、利用させたいマイクロソフトアカウントまたはSkypeアカウントを選ぶことができます。必要に応じて利用するといいかと思います。

今回は割愛部分が多いのでご了承下さい。

主な仕様や外観などについては、Surfaceの公式サイトで確認してください。
http://www.microsoft.com/surface/ja-jp/products/overview

今回のレビューでは、主にSurfaceからSurface2に変わってパフォーマンスがどのように変わっているのかというところで書いてみたいなと思います。

今回、特に目につくところは以下の点でしょうか。
その他の点の比較はMicrosoftの公式ストアのページで確認できます。

  1. CPUがTegra3からTegra4へアップ
  2. ディスプレイ解像度が768Pから1080Pに変更
  3. バッテリー寿命が約8時間から10時間にアップ
  4. USBが2.0から3.0へバージョンアップ

多くのパフォーマンス向上がありますが、今回はCPUの能力にフォーカスして書いてみたいと思います。

今回nVidiaのTegra3からTegra4にバージョンアップされました。
これにより、全体のパフォーマンスが大きく向上しました。ディスプレイ解像度のアップもその一つになります。
またCPU性能の向上によって、大きな変化が出たのはFlashムービーでした。

現在、日本ではブラウザーゲームの「艦隊これくしょん」がFlashゲームとして日々のアクティブユーザーが40万の人気ゲームとなっています。
実はこの「艦隊これくしょん」が快適に動くかどうかがベンチマークとして最近よく使われています。
では、実際動作はどうでしょうか。

実際の動作を確認したところ、かなりのパフォーマンスアップを確認できました。
TF600Tのカメラを利用して、動画もアップしたので、パフォーマンスの参考になればと思います。

  • Surfaceによる艦これプレイ動画
  • Surface2による艦これプレイ動画

確認した点は以下のポイント

  • タイトル画面からログイン完了するまで
  • ログイン後の各メニューへの切り替え
  • 一番処理負荷の大きい改装画面での武器表示
  • 出撃から戦闘、撤退まで。
    ※某所では1-1攻略だったので、4-1で2連戦後撤退。

先述した動画を確認してもらえれば分かりますが、かなりパフォーマンスは向上していると判断できます。
特に、一番重い処理である改装の兵装切換、戦闘シーンに関しては時間が大幅に短くなっていると感じました。これでわざわざリモートでプレイなどといったことも大幅に減りそうです。

続いてType CoverとType Cover 2の変更はどうでしょうか。
今回、アクセサリー系で一番変更されたのはこのType Coverです。
大きな変更は以下の比較写真でよく分かるかと思います。
左が先代Surface + Type Cover、右がSurface 2 + Type Cover 2です。キーボード周りの素材が変更されていることに気付いたでしょうか。今回、キーボード周りの素材がTouch Coverと同じ防水加工されたフェルトに変更されています。この変更は、私自身嬉しい変更で、触り心地がとてもよくなっています。

もう1つはバックライトですね。手を置く範囲のフェルトに部分に触れると、自動的に点灯するようになっています。また、手を触れない状態になると、一定時間で自動的にライトがオフになる親切仕様。

打鍵感は、Type Coverらしく非常に快適です。さすがにこのへんはハードに強いMicrosoftらしいつくりになっています。前バージョンのType Coverよりは反応もいい感じです。センサー数を増やしたこともあり、SHIFTキーを押しながら入力する(英大文字など)時にSHIFTキーを認識していないということもありませんので快適に打てます。

ただし、Type Cover 2をSurfaceに利用する場合注意が必要です。キーボードレイアウトがUSキーボードと認識されてしまい、キーレイアウトが変わってしまいます。通常の日本語入力であればあまり困らないかもしれませんが、記号等の入力では異なりますので注意が必要です。また、全角半角切り替えもALTキーを押しながら行わないと切り替わってくれません。この点は注意しないといけないですね。

SurfaceとSurface2を使った感じ、間違いなくSurface2は買いだと思います。画面解像度がフルHDになっていることも大きいですね。文字が非常にきれいに表示されています。画面が大きくなった分、文字のdpiが変更されて見やすくなりました。これなら、普段使いのPCとしても有効でしょう。OfficeだけでしたらSurfaceで十分に事足りると思うのですが、動画や今回のようなFlashを利用したブラウザーゲームなどもプレイするなども考えた場合、Surface2を選択肢に入れないというのは単に食わず嫌いと言われるよなと感じました。

AppleのiPadもRetina Display採用で非常に画面がキレイになっていますが、なかなかどうして後発の長というか元々ハードウェア(特にキーボード)で定評だったMicrosoftらしいつくりを発揮してSurface2の画面表示も負けず劣らずきれいです。

今回のSurface 2もハードウェア自体の進化のおかげで非常によい製品に仕上がっていると思います。Surfaceの購入を見送った人も、Surface 2は選択肢に入れていいと思います。今回も購入して満足度は高いので後悔はないと思います。

広告

Surface2買いました。」への1件のフィードバック

  1. Pot cast歴、半年の新参者です。
    通勤時に聞いております。とても面白い時間になった54歳です。
    仕事で必要なんででしょうが、Suface2また買ったのですか

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中