書籍レビュー – C#ポケットリファレンス 改訂版

書籍レビューです。

今回は、WINGSプロジェクトの飯島聡様よりご依頼を受け、同代表山田祥寬様のご厚意により、技術評論社様より発刊された【C# ポケットリファレンス 改訂版】を頂きました。
飯島様、山田様、技術評論社様にはこの場を借りて御礼申し上げます。今回もありがとうございます。

本書は、6年前に出版された【C# ポケットリファレンス】の改訂版となります。改定前もレビューしていましたので、併せてどうぞ。

書籍レビュー – C#ポケットリファレンス

今回は前作のポケットリファレンスから、どのように変更されたかを中心にレビューしてみようかと思います。

対応バージョン

改定前はC#4.0までが対象となっておりましたが、本書では最新のC#7.0の記述にも対応しています。どのバージョンから対応しているかは、各項目の見出しに「C#7.0」や「.NET 3.5」等で記述されており、自分たちが開発してるC#の環境で使えるのか乃判断の目安になります。このあたりは、常日頃から改定が進められているC#ならではかもしれません。

章構成

次に改定前との違いで目を引くのは章構成の変更です。前作にあったユーティリティの章が削除され、ユーティリティの一部として記載されていた非同期処理が独立して用意されました。昨今の流行はなかなか追えておりませんが、Windows 8以降に登場したWindowsアプリまたはユニバーサルアプリに代表されるように、デスクトップアプリと呼ばれていた現在のクラシックアプリでも非同期処理を伴った実装が当たり前となっています。そのため、1章丸々使って様々な非同期処理のコーディング方法を紹介しています。
また、ユーティリティの章に割り当てられていた他の項目は、各項目で最も関連する章に吸収されています。削除されているわけではないので、その辺はご安心を。

  • C#を始めるために
  • 基本文法
  • 基本データ型の操作
  • コレクション
  • 入出力
  • 非同期処理
  • データベースアクセス

山田さん監修の書籍にはいつも助けられていますが、本書のようなリファレンスは特に重宝しています。
C#も誕生して早10年を過ぎました。これからも進化を遂げるであろうC#のお供にこのリファレンスはいかがでしょうか。

お求めはこちらから
C#ポケットリファレンス改訂版

改定前の書籍が必要な場合はこちらからお求めください。
C#ポケットリファレンス

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中