書籍レビュー – C#ポケットリファレンス 改訂版

書籍レビューです。

今回は、WINGSプロジェクトの飯島聡様よりご依頼を受け、同代表山田祥寬様のご厚意により、技術評論社様より発刊された【C# ポケットリファレンス 改訂版】を頂きました。
飯島様、山田様、技術評論社様にはこの場を借りて御礼申し上げます。今回もありがとうございます。

本書は、6年前に出版された【C# ポケットリファレンス】の改訂版となります。改定前もレビューしていましたので、併せてどうぞ。

書籍レビュー – C#ポケットリファレンス

今回は前作のポケットリファレンスから、どのように変更されたかを中心にレビューしてみようかと思います。

対応バージョン

改定前はC#4.0までが対象となっておりましたが、本書では最新のC#7.0の記述にも対応しています。どのバージョンから対応しているかは、各項目の見出しに「C#7.0」や「.NET 3.5」等で記述されており、自分たちが開発してるC#の環境で使えるのか乃判断の目安になります。このあたりは、常日頃から改定が進められているC#ならではかもしれません。

章構成

次に改定前との違いで目を引くのは章構成の変更です。前作にあったユーティリティの章が削除され、ユーティリティの一部として記載されていた非同期処理が独立して用意されました。昨今の流行はなかなか追えておりませんが、Windows 8以降に登場したWindowsアプリまたはユニバーサルアプリに代表されるように、デスクトップアプリと呼ばれていた現在のクラシックアプリでも非同期処理を伴った実装が当たり前となっています。そのため、1章丸々使って様々な非同期処理のコーディング方法を紹介しています。
また、ユーティリティの章に割り当てられていた他の項目は、各項目で最も関連する章に吸収されています。削除されているわけではないので、その辺はご安心を。

  • C#を始めるために
  • 基本文法
  • 基本データ型の操作
  • コレクション
  • 入出力
  • 非同期処理
  • データベースアクセス

山田さん監修の書籍にはいつも助けられていますが、本書のようなリファレンスは特に重宝しています。
C#も誕生して早10年を過ぎました。これからも進化を遂げるであろうC#のお供にこのリファレンスはいかがでしょうか。

お求めはこちらから
C#ポケットリファレンス改訂版

改定前の書籍が必要な場合はこちらからお求めください。
C#ポケットリファレンス

Surface RTをセットアップしたらやっておきたいこと

Surface RTはセットアップが完了すると、必要最小限のアプリケーションが自動的にインストールされています。
※余計なアプリケーションが一切ないのはリファレンスPCのいいところですね。

ですが、やはりPCの一つですので実施していただきたい作業があります。
今回のエントリーはこの辺を書いてみたいなと思います。
一応今回は、必須作業とやると便利かも的な項目に分けています。

必須作業

  1. Windows Update
    重要なので赤字です。
    2013年3月15日現在、Surface本体のファームウェアアップデートを含めて100MBを超えるWindows Updateが必要になります。この中にはOffice 2013 RTのアップデートも含まれますのでインストール後に必ず行ってください。
  2. 回復ドライブの作成
    次に必要なのは、先日このブログにエントリーした回復ドライブの作成です。
    PCの仲間である以上、いつでも復帰できるようにしておくのは必須作業ですので行っておきましょう。
    Surface RTのリカバリーメディアを作成する。

できればやっておきたい作業

  1. Microsoftアカウントの連携
    Microsoftアカウントは、TwitterやFacebookなどのアカウント情報と連携できます。PCからのメールをよく利用する方は、連携しておくとPeopleアプリからメールの送信やTwitter、Facebookなどの各SNSへの投稿も容易になります。

    アカウント連携はPeopleアプリかメールアプリから設定できます。
    ※TwitterやFacebookといったSNSとの連携はPeopleアプリから行います。

  • Peopleアプリを起動したら、設定チャームを開きます。
  • 設定チャームから「アカウント」を選択します。
    すると、現在連携設定しているアカウント一覧が表示されますので、「アカウントの追加」を選択します。
  • 次に追加したいアカウントの種類を選択します。
    ここでは例としてHotmail(Outlook.com)でも追加してみましょう。
    Hotmail(Outlook)を選択します。
  • すると、登録したいメールアドレスとパスワードを入力します。
  • 成功すると、アカウントが追加されます。
  1. Office 2013 RTでMicrosoftアカウントの設定
    Office 2010からMicrosoftアカウントとの連携ができるようになっていますが、Office 2013では連携の設定がとても簡単になり更に使いやすくなっています。Skydriveへの保存も楽になりますので、クラウドにドキュメントを保存することが多い方は設定してみてください。
  • アカウントの設定は、Office 2013 RT上の右上にあるMicrosoftアカウントの名前部分をクリックすることで行えます。
    ※他にもメニューの[ファイル]→[アカウント]→[サービスの追加]から行うことも可能です。
  • クリックすると、関連付いているアカウントが表示されますので、「アカウントの切り替え」を選択してください。
  • 続いて、Microsoftアカウントの入力を求められますので追加したいMicrosoftアカウントのメールアドレスを入力してください。
    アカウントの確認後、パスワード入力を求められますのでパスワードを入力し、認証されると関連付けが完了します。

  • 関連付けされたアカウントを確認する倍は、メニューの[ファイル]→[アカウント]で行うことができます。
  1. ホームグループへの参加登録

    Windows 7からホームグループという簡単に家庭のネットワーク内でドキュメントなどを共有できる機能があります。
    Windows 8やWindows RTではこの機能が強化されていて、ネットワーク上にプリンターなどがあると自動的に検出してドライバーなどのインストールをしなくてもプリンターが表示されて印刷できるようになります。
    ※これだけでもWindows 7から乗り換える価値あり。

    また、ホームグループに参加すれば他のPCのライブラリにアクセスできるようになりますので、他のPCにある音楽ファイルなどにもアクセスできるようになってミュージックアプリを経由してDLNA再生などもできます。

    作業は簡単なので、使っていない方はぜひ使ってみてください。

  • まずはホームグループの設定をします。
    設定チャームから「PC設定の変更」をクリックして、PC設定から「ホームグループ」を選択します。
    すると、ホームグループ用のパスワードを入力するよう求められるので、他のPCからホームグループのパスワードを確認して、表示されているパスワード入力してください。そのあとに「参加」ボタンをクリックするとホームグループへの認証を行います。
  • 認証が完了すると、以下の画面に変わって完了します。
    これで同じホームグループ内の別PCにあるライブラリにアクセスできるようになりました。
  • 早速、ミュージックライブラリにアクセスできるように設定します。
    デスクトップのエクスプローラーからライブラリのミュージックを右クリックし、「プロパティ」を選択します。
  • するとライブラリの場所であるフォルダーを指定するダイアログが表示されますので、「追加」ボタンを押して監視対象のフォルダーを指定します。
    なお、リムーバブルメディアであるmicro SDカードのドライブとその中にあるフォルダーを指定することはできません。

  • 選択が完了すると、ライブラリの場所の項目に指定したフォルダーが追加されるので「OK」または「適用」ボタンを押してください。
    別PCのミュージックライブラリのルートを指定すると、その場所で設定しているライブラリの設定がそのままコピーされます。
  • しばらくすると、ミュージックライブラリの更新が始まって、ミュージックアプリからも別PCの曲を再生できるようになります。

以上、おススメを紹介しました。

次はOffice 2013 RTあたりを見ていきたいですね。

追記:併せてMicrosoft MVPのムッシュ小澤さんが書かれた以下の記事も併せて読むとよいと思います。詳細な情報が多いです。
SEの雑記:Surface for Windows RTを購入しました

Surface RTのリカバリーメディアを作成する

Surfaceのアプリレビューを書こうと思ったのですが、それよりも大切なことが出てきたのでこちらに書いておきます。

Surface RTや他のWindows RTマシンにはリカバリーメディアが付属していません。といっても、最近のWindows PCでもリカバリーメディアを用意するところは少なくなりました。そのため、ユーザーは自分でリカバリーメディアを作成する必要があります。

今回は順を追ってやり方を説明したいと思います。

必要なもの

  • 4GB以上のUSBメモリー(Windows 8 PCの場合は8GB以上)
    ※回復ドライブ作成の際にUSBメモリーはフォーマットされて元のデータは削除されますので、あらかじめUSBメモリーのバックアップをとっておくなどの対応が必要です。

作成手順

  1. コントロールパネル、検索チャームから「回復」で検索する。
    検索結果に「回復ドライブの作成」という項目があるはずなので選択。
    ※検索チャームからだと「設定」に検索結果が出てきます。

    コントロールパネルからの検索結果


    検索チャームからの結果

  2. 「回復ドライブの作成」を選択すると、作成のウィザードが起動しますので手順に従って作業を行ってください。
    「回復パーティションをPCから回復ドライブにコピーします。」にチェックを入れて次へ進めてください。
  3. 回復ドライブの作成準備が整うと、次の画面になります。
    ※USBメモリーを接続していない場合。


    USBメモリーを接続している場合(上記画面の後にUSBメモリーを接続した場合)

  4. USBメモリーを接続して、該当ドライブを選択した後に次へ進めます。
    すると、USBメモリーがフォーマットされた後にリカバリーイメージのコピーが開始されます。
  5. 約10分程度でコピーが完了して、準備ができた旨のダイアログが表示されます。

作成した回復ドライブは、管理しやすい場所に保管しておきましょう。ちなみに私は購入したPCの箱の中に入れて管理するようにしています。

回復ドライブを使用したリカバリーの手順

回復ドライブを利用したリカバリーを行う場合、タブレット端末であるSurface RTだと以下のような手順を踏みます。

  1. 端末をシャットダウンした状態で、回復ドライブとして作成したUSBメモリーをUSBに接続してから「Vol. Downボタン+電源ボタン」を画面が変わるまで押し続けます。
    ※ASUS TF600Tの場合、ドックに接続していてもドックに接続していなくても上記の方法で行います。
  2. 回復ドライブから起動すると、キーボードレイアウトの選択の後、BitLockerの回復キーの入力を求められます。別の信頼済みPCから回復キーを参照して入力します。
  3. 正しいキーが認識されると、オプション画面が出てきますので、「続行」「デバイスの使用」「トラブルシューティング」「PCの電源を切る」から「デバイスの使用」か「トラブルシューティング」からリカバリー処理を続行してください。

よくよく考えたら肝心かなめな作業の情報が少ないなと思いましたので、備忘録として残しておきます。

スマートフォン勉強会 関東 #19での資料

過日6月23日行われた「スマートフォン勉強会 関東 #19」で使用したスライドを公開しています。

Slideshareの直接リンク

今回は、要点だけ絞ってお話させていただきました。※まあ、時間も30分でしたし。
Windows Phone 8も発表されて、Windows Phoneのゲーム開発も変わってきそうです。操作系のAPIも整理されてくるのかなぁとかいろいろ考える必要がありそうですね。今後互換性を保つためにXNAで開発していくか、それともスペック的に既存から脱却しDirect XとC++で攻めていくかWindows Phoneデベロッパーは判断を任されることになりそうです。

スマートフォン勉強会でお話させていただきます。

久しぶりの投稿となります。

今回は告知です。
今週末開催となり、募集が始まっています「スマートフォン勉強会@関東 #19」にて、1セッション時間をいただきました。

今回は、スマートフォンで利用されているゲーム用フレームワークをざっくりと挙げてみて、ポイントを整理してみたお話です。

予告しておきますが、今回のお話は開発の話ですがコードを一切出す予定はありません。
実際にツールを使用してどんな感じのツールなのかとかを見せる程度になると思います。
なお、開発者でない方へも配慮した内容にしましたので、開発者でない人には「へー、開発者の人ってこういうものを使ってゲームを作っているのか」程度の理解をしてもらえるような内容にしてみましたのでご了承ください。