書籍レビュー – C#ポケットリファレンス 改訂版

書籍レビューです。

今回は、WINGSプロジェクトの飯島聡様よりご依頼を受け、同代表山田祥寬様のご厚意により、技術評論社様より発刊された【C# ポケットリファレンス 改訂版】を頂きました。
飯島様、山田様、技術評論社様にはこの場を借りて御礼申し上げます。今回もありがとうございます。

本書は、6年前に出版された【C# ポケットリファレンス】の改訂版となります。改定前もレビューしていましたので、併せてどうぞ。

書籍レビュー – C#ポケットリファレンス

今回は前作のポケットリファレンスから、どのように変更されたかを中心にレビューしてみようかと思います。

対応バージョン

改定前はC#4.0までが対象となっておりましたが、本書では最新のC#7.0の記述にも対応しています。どのバージョンから対応しているかは、各項目の見出しに「C#7.0」や「.NET 3.5」等で記述されており、自分たちが開発してるC#の環境で使えるのか乃判断の目安になります。このあたりは、常日頃から改定が進められているC#ならではかもしれません。

章構成

次に改定前との違いで目を引くのは章構成の変更です。前作にあったユーティリティの章が削除され、ユーティリティの一部として記載されていた非同期処理が独立して用意されました。昨今の流行はなかなか追えておりませんが、Windows 8以降に登場したWindowsアプリまたはユニバーサルアプリに代表されるように、デスクトップアプリと呼ばれていた現在のクラシックアプリでも非同期処理を伴った実装が当たり前となっています。そのため、1章丸々使って様々な非同期処理のコーディング方法を紹介しています。
また、ユーティリティの章に割り当てられていた他の項目は、各項目で最も関連する章に吸収されています。削除されているわけではないので、その辺はご安心を。

  • C#を始めるために
  • 基本文法
  • 基本データ型の操作
  • コレクション
  • 入出力
  • 非同期処理
  • データベースアクセス

山田さん監修の書籍にはいつも助けられていますが、本書のようなリファレンスは特に重宝しています。
C#も誕生して早10年を過ぎました。これからも進化を遂げるであろうC#のお供にこのリファレンスはいかがでしょうか。

お求めはこちらから
C#ポケットリファレンス改訂版

改定前の書籍が必要な場合はこちらからお求めください。
C#ポケットリファレンス

広告

実機レビュー:Raytrektab DG-D08WP

久しぶりに確認したら最後の投稿から2年も経っていたらしいです。 時の流れは早いものですね。
最近も相変わらずVBAなどと格闘しております。あとPHPとかWordpressの仕事も手伝っていたりして、やったことのないことを学習していて面白いです。

さて今回の投稿は実機レビューです。今回はドスパラことデジノスの最新タブレット「Raytrektab DG-D08WP」です。 詳細スペックは、デジノスの製品ページを参考にしていただきたいのですが、目玉の機能としてWacomのfeel itテクノロジーを採用していることです。しかも筆圧レベルが他社の製品で多く導入されている2048階調ではなく4096階調であるのが大きなポイントと思います。

  • タブレットサイズ:8インチ(800×1280)
  • CPU:Intel Atom x5-Z8350 プロセッサ(クアッドコア, 定格 1.44GHz, キャッシュ2MB)
  • メモリ:4GB DDR3L
  • ストレージ:64GB eMMC

スペックとしては、Windowsタブレットの中でも普及モデルとして出回っている一般的なタブレットとあまり大差はないと思います。ですが、メモリも4GB載っていますし、最低限のスペックのマシンとして活躍できるのではないかなと思います。 Officeはモバイル版がインストールされておりますので、別途スタンドアロン版などを購入したりする必要はありません。Word, Excel, Power Point, One Noteがすぐに利用できます。

特に付嘱のスタイラスペンによるOneNoteの手書きメモは使い勝手が非常に良いです。書き味の決め手となる芯は「標準芯」、「フェルト芯」、「エラストマー芯」の3種類が用意されています。標準芯の書き味は下敷きを敷いた紙の上をボールペンで書くといえばイメージが湧くでしょうか。標準芯→フェルト芯→エラストマー芯の順で抵抗が強く、より鉛筆の書き味に近くなります。個人的にはエラストマー芯が使いたいところですが、2017年6月19日現在、交換芯が販売されていないので、早々に販売して欲しいのが一番の要求となるでしょうか。
また、残念ながらfeel it テクノロジーを採用している本製品ですが、他のfeel it テクノロジー採用の機種とは異なり「Bamboo Smart」との互換性はなく使用できませんので、ご注意ください。

バッテリーは、約4時間。一般のタブレットよりも短いでしょうか?最近はあまり市場を調査していないのでよく分かりませんが、Core-iシリーズ搭載のノートPCとほぼ同等バッテリースペックかと思います。ただし、基本スリープから一定時間経つと自動的に電源OFFの状態になりますので、バッテリーの持ちは非常に良いです。電源OFFの状態で1週間以上置いておいてもバッテリーは2%程度の減りでした。USB充電ですので、モバイルバッテリーを持って行けば1日以上の運用は問題ないと思います。

続いてカメラとサウンド機能ですが、おまけ程度の機能しか持ち合わせていません。過度の期待は馬鹿を見ますので、これらの機能で良いものを求めるのであれば別の端末をお奨めします。これらの機能を抑えた分、低価格でWacomのデジタイザー機能を実装できたと見るべきでしょう。

本製品は、手軽にお絵描きできるようにというコンセプトでイラストを描くのが好きな人をターゲットに作られた製品ですが、ビジネス上の手書きメモなど記録を残したいけどペーパーレス化も進めたいと思っている企業にもお奨めできる機種ではないかなと思います。

書籍レビュー – JavaScript 逆引きレシピ

久しぶりの投稿が書籍レビューになりました。

今回の書籍レビューは、翔泳社発行の『JavaScript逆引きレシピ』です。
今回もご厚意により著作者であるWingプロジェクトの山田祥寛様より献本をいただきました。出版社の翔泳社様にもこの場を借りて御礼申し上げます。

本書は、逆引きレシピとタイトルにあるように、通常の開発言語にあるようなライブラリーリファレンスとして使うのではなく、「やりたいことをはっきりさせてからJavaScriptの処理を探す」本です。
Webサイト構築をするうえで、HTMLとJavaScriptはもはや必須となってきました。このため本書などはいい副読本になるはずです。上記の通り、あくまで「これを実現したいけど、どうやればいい?」という状況を手助けするための書籍なので、学習用途には向きません。この場合は別の入門書を読んでいったほうがいいでしょう。

本書は10章構成で、1章はJavaScriptの基本構文(ここだけなら学習として使うのはいいかもしれません)、2章はJavaScriptの関数やオブジェクト指向といった形で分類されています。ページ操作の章ではjQueryなど昨今のWeb開発で知っておくべきJavaScriptのライブラリーを利用した例も紹介されており、Web開発に関わっている人は1冊手元に置いておきたい本だと思います。
また、モバイルサイト開発向けのレシピやJavaScriptを生成できるCoffeeScriptの紹介もされています。
※個人的にはCoffeeScriptもあるならTypeScriptの紹介もあってよかったのでは?と思いましたが。

本書は、最近の入門書のようにサンプルコードがダウンロードできるようになっています。必要となった時にPCで参考にするという手段も有効ですので、こういったサービスもありがたいですね。

本書の購入はこちらから

Surface2買いました。

先日10月25日に販売された第2世代SurfaceであるSurface2ですが、案の定買ってしまいました。

前回のレビュー記事は「Surface RT(日本版)レビュー(到着から本体を眺めるまで)」を参照してください。

※今回の記事から、前世代のSurface RTをSurface、新世代のSurfaceをSurface 2と記述します。

今回も64GBモデルを購入。併せてType Cover 2のパープルを購入しました。

内容物に関しては、前世代のSurfaceとほとんど変わりませんので割愛しますが、唯一の違いはSkyDriveの追加容量200GBプラン2年分のチケット、Skypeの「固定電話かけ放題&Skype Wi-Fi 12か月無料」のチケットがついています。これらは、各サイトの購入画面でチケット裏面に印刷されているクーポンコードを利用する形になっていて、利用させたいマイクロソフトアカウントまたはSkypeアカウントを選ぶことができます。必要に応じて利用するといいかと思います。

今回は割愛部分が多いのでご了承下さい。

主な仕様や外観などについては、Surfaceの公式サイトで確認してください。
http://www.microsoft.com/surface/ja-jp/products/overview

今回のレビューでは、主にSurfaceからSurface2に変わってパフォーマンスがどのように変わっているのかというところで書いてみたいなと思います。

今回、特に目につくところは以下の点でしょうか。
その他の点の比較はMicrosoftの公式ストアのページで確認できます。

  1. CPUがTegra3からTegra4へアップ
  2. ディスプレイ解像度が768Pから1080Pに変更
  3. バッテリー寿命が約8時間から10時間にアップ
  4. USBが2.0から3.0へバージョンアップ

多くのパフォーマンス向上がありますが、今回はCPUの能力にフォーカスして書いてみたいと思います。

今回nVidiaのTegra3からTegra4にバージョンアップされました。
これにより、全体のパフォーマンスが大きく向上しました。ディスプレイ解像度のアップもその一つになります。
またCPU性能の向上によって、大きな変化が出たのはFlashムービーでした。

現在、日本ではブラウザーゲームの「艦隊これくしょん」がFlashゲームとして日々のアクティブユーザーが40万の人気ゲームとなっています。
実はこの「艦隊これくしょん」が快適に動くかどうかがベンチマークとして最近よく使われています。
では、実際動作はどうでしょうか。

実際の動作を確認したところ、かなりのパフォーマンスアップを確認できました。
TF600Tのカメラを利用して、動画もアップしたので、パフォーマンスの参考になればと思います。

  • Surfaceによる艦これプレイ動画
  • Surface2による艦これプレイ動画

確認した点は以下のポイント

  • タイトル画面からログイン完了するまで
  • ログイン後の各メニューへの切り替え
  • 一番処理負荷の大きい改装画面での武器表示
  • 出撃から戦闘、撤退まで。
    ※某所では1-1攻略だったので、4-1で2連戦後撤退。

先述した動画を確認してもらえれば分かりますが、かなりパフォーマンスは向上していると判断できます。
特に、一番重い処理である改装の兵装切換、戦闘シーンに関しては時間が大幅に短くなっていると感じました。これでわざわざリモートでプレイなどといったことも大幅に減りそうです。

続いてType CoverとType Cover 2の変更はどうでしょうか。
今回、アクセサリー系で一番変更されたのはこのType Coverです。
大きな変更は以下の比較写真でよく分かるかと思います。
左が先代Surface + Type Cover、右がSurface 2 + Type Cover 2です。キーボード周りの素材が変更されていることに気付いたでしょうか。今回、キーボード周りの素材がTouch Coverと同じ防水加工されたフェルトに変更されています。この変更は、私自身嬉しい変更で、触り心地がとてもよくなっています。

もう1つはバックライトですね。手を置く範囲のフェルトに部分に触れると、自動的に点灯するようになっています。また、手を触れない状態になると、一定時間で自動的にライトがオフになる親切仕様。

打鍵感は、Type Coverらしく非常に快適です。さすがにこのへんはハードに強いMicrosoftらしいつくりになっています。前バージョンのType Coverよりは反応もいい感じです。センサー数を増やしたこともあり、SHIFTキーを押しながら入力する(英大文字など)時にSHIFTキーを認識していないということもありませんので快適に打てます。

ただし、Type Cover 2をSurfaceに利用する場合注意が必要です。キーボードレイアウトがUSキーボードと認識されてしまい、キーレイアウトが変わってしまいます。通常の日本語入力であればあまり困らないかもしれませんが、記号等の入力では異なりますので注意が必要です。また、全角半角切り替えもALTキーを押しながら行わないと切り替わってくれません。この点は注意しないといけないですね。

SurfaceとSurface2を使った感じ、間違いなくSurface2は買いだと思います。画面解像度がフルHDになっていることも大きいですね。文字が非常にきれいに表示されています。画面が大きくなった分、文字のdpiが変更されて見やすくなりました。これなら、普段使いのPCとしても有効でしょう。OfficeだけでしたらSurfaceで十分に事足りると思うのですが、動画や今回のようなFlashを利用したブラウザーゲームなどもプレイするなども考えた場合、Surface2を選択肢に入れないというのは単に食わず嫌いと言われるよなと感じました。

AppleのiPadもRetina Display採用で非常に画面がキレイになっていますが、なかなかどうして後発の長というか元々ハードウェア(特にキーボード)で定評だったMicrosoftらしいつくりを発揮してSurface2の画面表示も負けず劣らずきれいです。

今回のSurface 2もハードウェア自体の進化のおかげで非常によい製品に仕上がっていると思います。Surfaceの購入を見送った人も、Surface 2は選択肢に入れていいと思います。今回も購入して満足度は高いので後悔はないと思います。

書籍レビュー – 独習ASP.NET 第4版

恒例の書籍レビューです。

今回の書籍レビューは、翔泳社発行の『独習 ASP.NET 第4版』です。
今回もご厚意により著作者であるWingプロジェクトの山田祥寛様より献本をいただきました。出版社の翔泳社様にもこの場を借りて御礼申し上げます。

さて、この『独習ASP.NET 第4版』ですが、タイトルに版数がある通り過去に出版されている本書の最新版となります。
本書の最新版として特徴なのは、ASP.NETの最新版となるASP.NET 4.5にも対応した書になっているということでしょう。最新のVisual Studio 2012を使用しての解説となっているので、これからASP.NETに携わる方が基礎を学ぶという点での教科書としては最適だと思います。
ただし、ホームページ作成などもしたことがない人が本書を利用して学習するには、それなりに技術的な話も解説されているので、本書の内容は敷居が高いかもしれません。
ホームページとか作るのも初めてという方は、日経BP社から出ている「プログラムを作ろう! ASP.NET 4 入門」とかの方が最適でしょう。

本書は11章構成で、ASP.NETとは?とかASP.NETの動く仕組みなどのASP.NETを始めるWebプログラマーにも考慮されており丁寧に解説されています。
ASP.NETで外すことのできないDB、また昨今のWeb開発で必須になってきたjQueryなど、必要最低限ではありますがASP.NET 2.0の頃から変化してきた技術との連携も踏まえて書かれています。この点は、長きにわたって書籍を執筆されている山田さんの視点ならではだと思います。

各章では概要、サンプルをまじえた解説とステップバイステップで学んでいくことができます。また、各章の最後には確認の練習問題や理解度チェックもありますので、自分で理解できているのか確認できます。
次に本書内で紹介されているサンプルコードはVBを基本として記述されています。普段VBAなどに触れている機会の多い人にはとても馴染みがあるかと思います。私などC#をメインにしている人でも最近のVBとC#は似通っている部分も多いので読み解いていくことができるかと思います。
※サンプルコードは翔泳社のサイトからダウンロードできるようになっており、サンプルの中にはVBとC#でそれぞれコードが用意されています。

本書は、ASP.NET関連の学習書として長きにわたって版数を重ねられた名著です。
昨今ではASP.NET MVCなどの開発フレームワークも登場し、ASP.NETの世界も開発形態が移ろうとしています。しかし、過去の遺産を有効活用する場合、日本で未だに根強く残っているのはASP.NETのWeb Fromです。これらのメンテナンスを行う場合は避けて通れない道です。
これからのトレンドを追いつつ、しっかりと基礎をおさえたい場合には本書はよい手引書になってくれると思います。
ASP.NETなかなか学習する機会がなかったなとか感じている私にも最適な書籍だと思いました。

本書のご購入はこちらから

初心者向けのASP.NET本のご購入はこちらから