BUILD開催されています

アメリカはアナハイムにてマイクロソフトの開発者向けイベントである【BUILD】が開催されています。

BUILD公式
http://www.microsoft.com/presspass/events/build/

今回、私は諸事情により盛大にこのイベントの情報に乗り遅れたため、キーノートもオンラインで閲覧できていません。

つやてざさんが公開しているブログの「ななふぉ」でキーノートのメインとなる概要は把握できるかと思いますので、そちらをご覧ください。
もうすぐ始まる BUILD のキーノートをライブ中継で見る
Windows 8 の新しい Metro スタイルアプリは Windows Phone でも簡単に動く

今回のキーノートでメインとなったのは、やはりWindowsの次期バージョンであるWindows 8が発表されたことでしょう。目玉となるのは2種類のUIが用意されることです。現状のWindows ApplicationのUIとWindows Phoneから導入されたMetro UI Application。Windows 8が発売された後はしばらくの間、この2つのUIを採用したハイブリッド型のアプリケーションが多くなりそうです。その後、ゆっくりとMetro UIにシフトしていくのか、またはまだ見ぬ新しい発想のUIにシフトしていくのか。まだまだ、UIの世界は計り知れません。

続いて開発環境。既存の.NETやSilverlight、CLR等々のWindows Application向けのフレームワークに加えて、Metro UI Application向けのフレームワークであるWinRT APIというフレームワークが発表されました。今回の発表で嬉しい人はC++ユーザーの方ではないでしょうか。このWinRT APIは、XAMLとC++が連携できるようになり資産を有効に出来るようになる点かと思います。
開発者向けの先行プレビュー版が早速公開されています。気になる方はいち早く体験してみてはいかがでしょうか。クリーンインストール必須ですが。

New Windows Dev Center
http://msdn.microsoft.com/en-us/windows/home/

Windows Developer Preview Downloads
http://msdn.microsoft.com/en-us/windows/apps/br229516

一度買ったOSは10年使い倒すぜ!と息巻いている方もいらっしゃるようですが、10年一昔と言います。しかもこの情報社会、今では3年一昔と言っても過言ではありません。流れに乗り遅れる前に情報資産の見直しもしてはいかがでしょうか。乗り遅れて、守れたものが守れなかったでは話になりません。コンピューターの世界では【古き良き時代】という言葉は通用しません。現在のデスクトップPCが今度どのような方向に向かっていくのか、いわば過渡期にさしかかっていると言えるかもしれません。

これからのMicrosoftのアプローチは目が離せません。

広告

Windows Phone SDK Releace Candidateが公開されました。

Windows Phone アプリ開発者待望のWindows Phone SDK Release Candidate(製品候補版)が公開されました!

英語版
http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?id=27153
日本語版
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?familyid=14700b35-30c3-47f3-9e67-7701a06fde00&displaylang=ja-nec

このWindows Phone SDK RC版は、先日行われた、『Tech Fielders セミナー東京 <Windows Phone 7.5開発支援セミナー>』でも紹介された、日本語版の開発ツールとなります。

このWindows Phone SDK日本語版は、本家の英語版以外では唯一の他言語版としての提供となっています。
開発者としては、日本語版が提供されていることでどれだけ日本のマーケットを重視しているかが窺い知れるはずです。

*****今回も例によって注意事項*****

今回も例にならって、過去のWPSDKをインストールされている方は、忘れずにアンインストールをお願いします。
また、Expression Blendの英語版をインストールされている方は、今回から日本語版もインストールできますので、日本語版が必要な場合は一度Expression BlendとExpression Blend SDK(Blend 3およびBlend 4)のアンインストールが必要になります。
アンインストール対象となる項目は以下の通りです。(2011/8/24 0:00追記)

    • Expression Blend 3 SDK
    • Expression Blend 4 Add-in for Adobe FXG Import
    • Expression Blend SDK for .NET 4
    • Expression Blend SDK for Silveright 4
    • Expression Blend SDK for Windows Phone 7
    • Expression Blend SDK for Windows Phone OS 7.1

    この対応は、異なる言語の環境(Expression Blend英語版の入っている環境に日本語のWP SDKをインストールしようとしている)にインストールを実施する場合で、日本語のExpression Blend環境に日本語のWPSDKをインストールしてもエラーにはならないのでご安心ください。(2011/8/23 13:00追記)
    ただし、すでにExpression StudioないしExpression Blendをインストールしている人は、必ずExpression Blend SP1までセットアップしておいてください。そうしないと、Expression Blendが正常にアップデートされません(しかもエラーとして表示されません!)。正常にアップデートされた場合は、バージョン番号が「4.0.30701.0」になっているので、そのバージョン番号を確認してください。アップデートに失敗した場合、ISOイメージをダウンロードし、Expression Blendのみ単体でセットアップする必要が出てきます。
    ちなみにISOイメージ内のExpression Blendの場所は、以下になります。
    『(DVDドライブ):\WCU\WindowsPhone\Blend_WindowsPhone_ja.exe』
    (2011/8/23 15:48追記)

    また、日本MSのエバンジェリストの高橋忍さんが以下のようにつぶやいています。

    shinoblogavi
    Vs2010 sp1 日本語版やblend 4 sp1日本語版が入っている環境なら、テンプレートが追加もしくは更新されるだけです。まえにテンプレートのコピーをした方は削除しておきましょうね。#wp7dev_jp

    ということで、過去に日本語環境のVS2010へWindows Phoneアプリケーションのテンプレートをコピーしていた方は、削除が必要です。
    ※Expression Blendのフォルダは、当方英語版をインストールしていたため、要確認します。確認後、修正があれば記事の修正をします。

    (以下、2011/8/24 12:25更新)
    また、削除後は「Visual Studio コマンド プロンプト(2010)」を管理者権限で起動し、次のコマンドを実行してください。
    C:\Windows\system32>devenv /installvstemplates
    これでテンプレートが完全に削除されるはずです。
    確認方法は一旦Visual Studioを起動し、新規プロジェクト作成を作成するときにテンプレート一覧から「Silverlight for Windows Phone」の項目が削除されていることを確認してください。

    削除が必要なフォルダは以下のとおりです。

    Visual Studio 2010
    C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE\ItemTemplates\CSharp\Silverlight for Windows Phone
    C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE\ItemTemplates\VisualBasic\Silverlight for Windows Phone
    C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE\ItemTemplatesCache\CSharp\Silverlight for Windows Phone
    C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE\ItemTemplatesCache\VisualBasic\Silverlight for Windows Phone
    C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE\ProjectTemplates\CSharp\Silverlight for Windows Phone
    C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE\ProjectTemplates\VisualBasic\Silverlight for Windows Phone
    C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE\ProjectTemplatesCache\CSharp\Silverlight for Windows Phone
    C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE\ProjectTemplatesCache\VisualBasic\Silverlight for Windows Phone

    Expression Blend 4
    C:\Program Files (x86)\Microsoft Expression\Blend 4\ProjectTemplates\ja\CSharp\WindowsPhone
    C:\Program Files (x86)\Microsoft Expression\Blend 4\ProjectTemplates\ja\VisualBasic\WindowsPhone

    今回のWP SDKからテンプレートも日本語化されて、日本人開発者には非常に優しくなっています。我々デベロッパーも頑張らないといけませんね!

    Windows Phone 7 ことはじめ(8) - Expression Blendって何だろう?

    久しぶりのことはじめの記事です。

    今回は、Windows Phone SDKに含まれるツールのExpression Blendに焦点を当てたいと思います。僕も勉強がてら書いておりますので、一緒に学習していきましょう的な感覚で読んでもらえればと思います。

    きっかけ

    よく勉強会やセミナーでの懇親会とかでBlendの話題になると、こんな声を聞きます。

    • Blendって、難しくない?
    • Blendって分からないよねー。

    自分もはじめはBlendの使い方がイマイチよく分かっていませんでした。
    とはいえ、多少なりとも学習してきて、これらの声を総じて考えると、次のようなことが言えるのではと思うようになりました。

    Expression Blendって、そもそも何をするためのツールなの?

    まずこれが理解できて、初めてExpression Blendを使いこなすための第一歩を踏み出せるのではないかと思いますので、今回はこの辺りを説明できればなと思います。

    Expression Blendの位置づけ

    元々Expression BlendはMicrosoftが提供しているExpression Studioと呼ばれるWebデザイン系ツールのスイート群のひとつとして提供されていました。しかもExpressionシリーズでは最上位のExpression Studioの上位バージョンにしか含まれません(Expression Studio 4だと、Ultimateのみ。Web Professionalには含まれません)。なお、単品販売もありません。唯一単品で提供されているのはWindows Phone SDKに同梱されている「Expression Blend for Windows Phone」のみです。

    もともと製品最上位にしか含まれていないという理由もあるのかと思うのですが、情報が少ないこともあってなかなか知られる機会に恵まれませんでした。

    Expression Blendの役目って?

    ということで本題ですが、Expression Blendの役目は何でしょうか?

    製品ページでは、次のように紹介されています。

    Expression Blend 4 + SketchFlow は、Silverlight と .NET のための UI 設計ツールです。
    Microsoft Silverlight や Windows Presentation Foundation(WPF) を活用した革新的なアプリケーションの UI デザインを、優れたワークフローで行うことができます。

    Webで展開していたSilverlightアプリケーションやWindows上のWPFアプリケーションのUIを担当するXAMLをグラフィカルかつ簡単にカスタマイズするためのツールということになります。

    一言でUIのカスタマイズといってもいろいろありますが、以下のような例を見ると、少しはイメージが掴めるのではないでしょうか。

    • ボタンを押した時に、押したことが分かるように、ボタンを小さく見えるようにする。または陰を付けるなど、色を変える。
    • ボタンを押した後、ページの遷移が始まっていることが分かるように、本のページが開く感じで次の画面が出てくる。
    • ボタンのデザインを従来の四角ではなく、丸にする。あるいは画像に変更する。
    • 複数の画像を組み合わせて、ひとつのボタンとして扱う。

    要は、オブジェクトの(ボタン押した・離したなどの)状態における動作を設定するのが、Expression Blendの役目です。
    その他にも特定のオブジェクトの形を変えたり、とある機能を持たないオブジェクトにその機能を割り当てるなど、オブジェクト同士の関連付けも、Expression Blendで容易に行えるようになっています。

    UIのカスタマイズをしようと思ったら、迷わずBlendを使ってみてください……と言いたいところですが、画面構成がVisual Studioとはまた異なっているので、取っつきにくいところがあるかもしれません。なので、最低限画面構成だけでも把握してみましょう。

    blend_layout

    画面はデフォルトで5分割されています。

    1. ツールボックス(画面一番左)
      よく使うツールがアイコンで用意されています。
    2. コントロールボックス(画面左上)
      Expression Blendで配置できるコントロールやビヘイビアと呼ばれる状態のセットがまとめられています。
      このボックスのタブには、プロジェクトウィンドウもあります。
    3. オブジェクトアウトライン&タイムライン(画面左下)
      コントロールを配置した時に困るのがレイアウトの構造です。XAMLで記述されたオブジェクトの関係がアウトライン化されて簡単に把握できるようになっています。
      また、オブジェクトの動作を詳細に設定するときに使用するタイムラインもこちらに表示されます。
    4. 画面レイアウト&コードエディタ(画面中央)
      こちらはVisual Studioとほとんど変わらない画面レイアウトとコードエディタになっています。IntellisenceはXAML特化で動作します。
    5. プロパティウィンドウ(画面右)
      こちらもVisual Studioとほとんど変わらない、プロパティウィンドウになります。ただし、イベント等の設定はありません。デザイン特化となります。

    時間が出来ましたら、UI設計で重要な画面遷移を簡単にサンプルとして作れてしまう、Sketch Flowとかの説明が出来ればと思います。

    Windows Phone SDK 7.1 Beta2

    本日、Windows Phone SDK 7.1 Beta2が米マイクロソフトでダウンロードできるようになりました。

    ダウンロードはこちらから。http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?displaylang=en&id=26648
    ※インストールする際は、Windows Phone Developer Tools Beta1を削除してください。

    なお、今回のエントリを見ておわかりになるかと思いますが、今まで「Windows Phone Developer Tools」と呼ばれていた名称が今回から「Windows Phone SDK」と名称が変わりました。このため、今後WPDTと呼ばれた呼称は今後本BlogではWPSDKとしたいと思います。

    WPSDK 7.1 Beta2をセットアップして、色々気付くことがあると思います。
    まず、エミュレーターでキーボードの設定が出来るようになりました。

    image

    「キーボード」を選択すると、以下のようなメニューが出てきます。
    image

    日本語は、当然のように最下部に(苦笑)
    image

    また、リリースノートは必ず目を通しておきましょう。
    今回のリリースで目立った記述がありました。

    Projects that target Windows Phone OS 7.1 and that are created in Expression Blend fail to launch on Windows Phone OS 7.1 devices. To resolve this issue, open the file WMAppManifest.xml and delete the following element:
    <Capability Name="ID_CAP_INTEROPSERVICES"/>

    Expression BlendでWindows Phone OS 7.1をターゲットにしたプロジェクトを作成した場合、このプロジェクトではWindows Phone OS 7.1の実機の起動に失敗するようです。この解決には上記のエレメントタグを「WMAppMainFest.xml」から削除してくださいとあります。

    他にも色々な記述がありますが、多いので割愛します。
    開発時に躓きそうなことが書かれていますので、リリースノートは目を通しておきましょう。

    また、AppHubに登録済みの開発者にはWindows Phone OS 7.1 Beta2へのUpdateの案内メールが届くそうなので、お待ちくださいませ。

    ん~~、本当にリリースノートは印刷して目を通した方が良さそうですね……。

    SketchFlow Template for Windows Phone

    今日は、Windows Phone 7 アプリ開発で使用できるExpression Blendの追加テンプレートを紹介します。

    SketchFlow Template for Windows Phone
    http://wp7sketchflow.codeplex.com/

    このテンプレートは、簡単に言うとWindows Phone 7 アプリ開発用のSketchFlowテンプレートです。
    SketchFlowはいわゆるサンプル作成が簡単に行えるツールで、画面遷移や画面のおおよそのデザインをユーザーに紹介するのにもってこいのテンプレートです。

    ※※※ このテンプレートに必要なインストール条件 ※※※
    このテンプレートを使用するには、あらかじめ先日紹介した『Window Phone Developer Tools V2 Beta』をインストールしておく必要があります。
    Devlop Toolsのインストールの注意点等は、私が先日書いた記事を参照してください。
    Windows Phone 7 Developer Tools V2 Beta
    https://daidev1976.wordpress.com/2011/05/26/windows-phone-7-developer-tools-v2-beta/
    ※※※ 条件以上 ※※※

    Codeplexのページからダウンロードすると、zipファイルが保存されますので回答すると、msiパッケージが解凍されますのでそのファイルを実行してください。
    以下のようなセットアップが実行されますので、そのまま「Next」ボタンを押していけば、セットアップされます。

    image

    セットアップが完了してから、Expression Blendから新規プロジェクトを作成しようとすると、Windows Phone の項目に「Windows Phone SketchFlow Application」という項目が追加されます。
    image

    プロジェクトを作成すると、次のような画面になります。
    image

    メインの画面では、Windows Phone 7の画面が構成され、SketchFlowでしかもWindows Phone で必須のボタン遷移(AppList(戻る)ボタン、Homeボタン、Search)が予め設定されています。
    image

    プロジェクトウィンドウ側を見ると、意外に多くのファイルが生成されているのが分かると思います。
    ですが、実際にいじったりするのはScreen_1.xamlと新規に追加する xamlファイルになります。このファイルがアプリのメインになり、他のxamlファイルは次のような用途で基本的には変更しません。
    ・AppList.xaml
    アプリケーション一覧表示用xaml
    ・Home.xaml
    Home表示用xaml
    ・Search.xaml
    サーチ画面用xaml
    image

    アセットは「SketchFlow」を展開して、さらにその中から「Styles」を展開すると「Sketch Styles」と「Sketch Shapes」の項目が出てくるので、それぞれを選択すると次の項目が出てきます。
    ■「Sketch Styles」
    image

    ■「Sketch Shapes」
    image

    Behaviorsも、他のプロジェクト同様設定可能です。
    image

    日本ではこれから本格的にWindows Phone 7向けのアプリやプロジェクトの提案とかができるような状況になるかと思われますが、WPFやSilverlightで使用できていたSketchFlowをWindows Phoneのプロジェクトで使用したいと思っていた方にはオススメのテンプレートです。是非試してみてください。