SyncfusionのEssential Studioがお得に使える!

またまた久しぶりの投稿です。

なんか極端にペースが落ちていますが、ここ最近VBAやらと格闘しているので仕方ないですね。

今回はお得な情報です。特に個人の開発者やスタートアップをはじめとする小規模企業の皆さんが対象です。

Windowsアプリケーション向けコンポーネントを提供しているSyncfusion社。最近はなんとAndroidやiOS向けのコンポーネントも提供しているようです。

私もアプリケーション開発の際にSyncfusion社のコンポーネントを使わせていただくことが多いのですが、ここ最近Syncfusion社がフラグシップコンポーネント群であるEssential Studio Ultimateを個人開発者、小規模企業向けに無償で提供を始めていました!

条件は次の通りで、最大5名分の開発者ライセンスを取得できます!金額にして、約120万円相当が無償!

  • 個人の開発者
  • 年間売上が$1,000,000未満の企業

たったこれだけ。この条件を満たす方は誰でも利用することができます。
取得方法などに関しては、Community Licenseの項目をしっかり読んでください。

FAQで、「なんでこのライセンス始めたの?」的な質問で「Visual StudioがCommunity版提供し始めたから自分たちも倣って始めました」みたいな粋な回答をしていて、ますますSyncfusion が好きになりました。

日本語サポートできるようになればいいんですけど。

興味のある開発者の方は、利用してみるのはいかがでしょうか。

 

The complete Essential Studio suite for free

広告

書籍レビュー – はじめてのVisual Studio 2012

2013年最初の投稿です。

久しぶりに書籍レビューです。

今回は秀和システム様より発刊された「はじめてのVisual Studio 2012」です。
執筆者飯島様からのご厚意により献本いただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

この書籍は、Windowsアプリケーションの開発では必須となる開発環境である「Visual Studio」の最新版「Visual Studio 2012」の機能を詳細に紹介した数少ない書籍になっています。
Visual Studio 2012の中でもProfessional / Test Professional / Premium / Ultimate エディションを利用されている開発者でも機能をフルに使いこなせている人はほとんどいないと思います。
巷ではExpress版での開発に重点を置いた書籍の方が圧倒的に多いですが、それ以外のエディションでの重要な機能をしっかりと紹介された書籍はほとんどありません。いったいどんな機能がエディションごとに用意されているのかを把握し、その機能の内容を知る書籍としては最適な書籍です。特にテストプロジェクトやTFSとの連携をあまりされていなかった方は、この書籍で機能の把握をしておくとALMやテスト駆動開発などへの理解が一気に進むのではないかと思います。

本書の詳細な章構成は、以下の秀和システム様のWebサイトをご確認ください。
TECHNICAL MASTER はじめての Visual Studio 2012

本書は前バージョン向けに「はじめてのVisual Studio 2010」という書籍が発刊されていますが、前著と大きな変更点と言えるのは、Windows Store アプリケーションの開発の章が追加されています。早い段階で何冊かWindows Storeアプリケーション向けの開発書籍は出ておりますが、本書でもWindows Storeに公開するまでの手順は紹介されています。詳細な開発手順やテクニックなどは別の書籍をお奨めしますが、ざっと概要を把握するにはよいのではと思います。

次にセットアッププログラムの章が変更されています。2012から作成できるセットアッププロジェクトは、Install Shieldのみとなり、MSから提供されるセットアップ方法はClickOnceとASP.NET配置のみになりました。そのため変更されています。

またテスト用のプロジェクトが強化され、単体テスト用のプロジェクトとUIテスト用、Webのパフォーマンステスト用の3種類のテストプロジェクトが作成できるようになりました。そのため、テストプロジェクトの章もWindows Storeアプリケーション開発の章と同様に大幅に増強されています。テストプログラムをあまり書かなかったりしていた開発者の方は、この章だけでも読んでみてはいかがでしょうか。

Visual Studio 2010から一気に強化された感じのするTFSとの連携機能ですが、この点も抜かりなく紹介されているので、私みたいにほとんどコード管理のみで利用していたTFSの機能を更に有効に使いこなせるようになる第一歩になるのではないでしょうか。

また、このほかにもVisual Studio 2012で開発できるアプリケーションの種類なども網羅されています。
「はじめての~」とタイトルにはついていますが、Visual Studioをあまり使いこなしていない人には必読になる書籍だと思います。

今回紹介した本のご購入はこちらまで
はじめてのVisual Studio 2010 (TECHNICAL MASTER 62)
はじめてのVisual Studio 2012 (TECHNICAL MASTER 72)

BUILD開催されています

アメリカはアナハイムにてマイクロソフトの開発者向けイベントである【BUILD】が開催されています。

BUILD公式
http://www.microsoft.com/presspass/events/build/

今回、私は諸事情により盛大にこのイベントの情報に乗り遅れたため、キーノートもオンラインで閲覧できていません。

つやてざさんが公開しているブログの「ななふぉ」でキーノートのメインとなる概要は把握できるかと思いますので、そちらをご覧ください。
もうすぐ始まる BUILD のキーノートをライブ中継で見る
Windows 8 の新しい Metro スタイルアプリは Windows Phone でも簡単に動く

今回のキーノートでメインとなったのは、やはりWindowsの次期バージョンであるWindows 8が発表されたことでしょう。目玉となるのは2種類のUIが用意されることです。現状のWindows ApplicationのUIとWindows Phoneから導入されたMetro UI Application。Windows 8が発売された後はしばらくの間、この2つのUIを採用したハイブリッド型のアプリケーションが多くなりそうです。その後、ゆっくりとMetro UIにシフトしていくのか、またはまだ見ぬ新しい発想のUIにシフトしていくのか。まだまだ、UIの世界は計り知れません。

続いて開発環境。既存の.NETやSilverlight、CLR等々のWindows Application向けのフレームワークに加えて、Metro UI Application向けのフレームワークであるWinRT APIというフレームワークが発表されました。今回の発表で嬉しい人はC++ユーザーの方ではないでしょうか。このWinRT APIは、XAMLとC++が連携できるようになり資産を有効に出来るようになる点かと思います。
開発者向けの先行プレビュー版が早速公開されています。気になる方はいち早く体験してみてはいかがでしょうか。クリーンインストール必須ですが。

New Windows Dev Center
http://msdn.microsoft.com/en-us/windows/home/

Windows Developer Preview Downloads
http://msdn.microsoft.com/en-us/windows/apps/br229516

一度買ったOSは10年使い倒すぜ!と息巻いている方もいらっしゃるようですが、10年一昔と言います。しかもこの情報社会、今では3年一昔と言っても過言ではありません。流れに乗り遅れる前に情報資産の見直しもしてはいかがでしょうか。乗り遅れて、守れたものが守れなかったでは話になりません。コンピューターの世界では【古き良き時代】という言葉は通用しません。現在のデスクトップPCが今度どのような方向に向かっていくのか、いわば過渡期にさしかかっていると言えるかもしれません。

これからのMicrosoftのアプローチは目が離せません。

Windows Phone 7 ことはじめ(6) - 簡単なブラウザアプリケーションを作成してみよう。(1)

今回からアプリケーションを作るところを実際にやっていきたいと思います。今回作成するのは、簡単なブラウザアプリケーションです。
すでに【Microsoft Visual Studio 2010 Express for Windows Phone】(今後、VSEWPと記載したいと思います。)がインストールされていることを前提で話を進めていきます。まだの方は、私の過去記事を参考にインストールしてください。

アプリケーションの動作仕様を決めよう

今回は、次のような動作仕様で作ってみたいと思います。

  • テキストボックスには、URLを入力する。
  • テキストボックスに入力した後、「GO」ボタンを押すと入力されたURLへブラウジングする。

プロジェクトを作成しよう

まずは、必要なプロジェクトを作りたいと思います。VSEWPを起動した後、[File]->[New Project]をクリックしてください。
WPStudy_Lesson1_001

すると、プロジェクトの作成画面になります。今回は簡単なアプリケーションなので、ウィンドウ左の[Installed Templates]から[Silverlight for Windows Phone]を選択して、その項目から[Windows Phone Application]を選択します。
その次にプロジェクト名を入力します。ウィンドウ下にある[Name]のテキストボックスをクリックし、今回は学習という意味もあるので[WPStudy]と入力しておきましょう。別の名前でも問題ありません。皆さんが分かりやすい名前で入力してください。
また、保存されるフォルダを決めておきたい場合はこのときに決めておきましょう。デフォルトは、
C:\Users\[ユーザー名]\Documents\Visual Studio 2010\Projects
の下に保存されます。
私は今回の場合、「C:\work\MyOriginal」という場所の配下に置くことにしました。
これらの入力が完了したら、[OK]ボタンを押します。
WPStudy_Lesson1_002

[OK]ボタンを押すと、[Windows Phone Developer Tools V1]をインストールしている場合は、すぐにプロジェクトが作成されますが、Windows Phone SDK(以降、WPSDKと表記します)をインストールしている場合は、すぐにプロジェクトが作成されず、次に作成するプロジェクトを利用するWindows Phone のバージョンを訊ねられます。
今回は[Windows Phone 7.1]のままで問題ないと思いますので、このまま[OK]ボタンをクリックしてプロジェクト作成します。
WPStudy_Lesson1_003

プロジェクトが作成されると、以下のような画面になるかと思います。
※クリックすれば、大きい画像が見られます。
WPStudy_Lesson1_004

画面構成を把握しよう

コードウィンドウ

まずは、画面構成を把握しておきたいと思います。中央一番広いウィンドウは「コードウィンドウ」になります。Windows Phoneアプリケーションは必ずSilverlightまたはXNAで作成するので、このウィンドウで画面のデザインとか、コード編集とかを行うことになります。
WPStudy_Lesson1_004_c

ソリューションエクスプローラー

画面右には、ソリューションエクスプローラーと呼ばれる、作成したプロジェクトのファイル一覧を見れるウィンドウがあります。
プロジェクトにフォルダやファイルを追加する場合は、このウィンドウを介して行いますので、覚えておきましょう。
WPStudy_Lesson1_004_d

プロパティウィンドウ

また、画面右下にはプロパティウィンドウがあります。このウィンドウは、選択したコントロールの各プロパティ(設定値)を変更するためのウィンドウです。プロパティ設定は、調整等で頻繁に使います。また、後で説明しますが、イベント管理でも使われますので、この画面の存在は覚えておきましょう。
WPStudy_Lesson1_004_j

※プロパティウィンドウは、デフォルトでは開いていません。[View]->[Other Window]->[Properties Window]で、表示するようにしておくと後々楽です。
WPStudy_Lesson1_004_k

ツールボックスなど

画面左には、少しわかりにくいかもしれませんがツールボックスなどのサブウィンドウが最小化されて配置されています。
WPStudy_Lesson1_004_e

ツールボックス

[Toolbox]タブにマウスカーソルを合わせると、次のような表示になり、Windows Phoneアプリで配置できるコントロール(部品)の一覧が表示されます。
WPStudy_Lesson1_004_f

ドキュメントアウトライン

[Document Outline]タブにマウスカーソルを合わせると、次のような表示になります。このウィンドウは、Silverlightの画面をデザインするときに使われるXAMLというマークアップ言語のアウトラインが表示されます。コントロールをまとめるためのコントロールであるStackPanelGridの前後関係などを確認するのに使用します。
WPStudy_Lesson1_004_g

その他

もう1つ[Data Sources]タブもありますが、今回はデータを保存するなどのこともしないので説明は割愛します。

デザインビューを把握する

では、初期のデザイン画面を見てみましょう。デザイン画面では、2つのブロックにコンテンツが分かれているのが分かると思います。上部は、[TitlePanel]と呼ばれるブロックです。主にアプリケーション名やアプリケーションのガイドになるものを表示するエリアです。下部は[ContentPanel]と呼ばれ、アプリケーションのメイン部分になります。Windows Phoneアプリケーションは、主にこのContentsPanelの中身を入れ替えて動かします。
WPStudy_Lesson1_004_h

プロパティを変更する

まずは、アプリケーションのタイトルを変えてみましょう。TitlePanelのブロックで表示されている、[MY APPLICATION]の部分をクリックしてみてください。するとエリアが小さな■に囲まれるかと思います。この■に囲まれているエリアが[MY APPLICATION]と表示しているコントロールTextBlockの有効範囲となります。
WPStudy_Lesson1_004_i

また、よく見ると画面右下にある[Properties]ウィンドウが、選択したTextBlockコントロールのプロパティに変化して、TextBlockコントロールの主要プロパティであるTextプロパティが有効になっているのが分かるかと思います。
WPStudy_Lesson1_004_j

このTextプロパティ値を「WP STUDY」に変更してみましょう。
すると、デザイン画面のタイトル表示も[MY APPLICATION]から[WP STUDY]に変わったのが分かるかと思います。
WPStudy_Lesson1_005_a

これと同じように、[page name]も[web browser]に変更しておきましょう。
WPStudy_Lesson1_006

次回は、各コントロールを配置していきます。

Windows Phone SDK 7.1 Beta2

本日、Windows Phone SDK 7.1 Beta2が米マイクロソフトでダウンロードできるようになりました。

ダウンロードはこちらから。http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?displaylang=en&id=26648
※インストールする際は、Windows Phone Developer Tools Beta1を削除してください。

なお、今回のエントリを見ておわかりになるかと思いますが、今まで「Windows Phone Developer Tools」と呼ばれていた名称が今回から「Windows Phone SDK」と名称が変わりました。このため、今後WPDTと呼ばれた呼称は今後本BlogではWPSDKとしたいと思います。

WPSDK 7.1 Beta2をセットアップして、色々気付くことがあると思います。
まず、エミュレーターでキーボードの設定が出来るようになりました。

image

「キーボード」を選択すると、以下のようなメニューが出てきます。
image

日本語は、当然のように最下部に(苦笑)
image

また、リリースノートは必ず目を通しておきましょう。
今回のリリースで目立った記述がありました。

Projects that target Windows Phone OS 7.1 and that are created in Expression Blend fail to launch on Windows Phone OS 7.1 devices. To resolve this issue, open the file WMAppManifest.xml and delete the following element:
<Capability Name="ID_CAP_INTEROPSERVICES"/>

Expression BlendでWindows Phone OS 7.1をターゲットにしたプロジェクトを作成した場合、このプロジェクトではWindows Phone OS 7.1の実機の起動に失敗するようです。この解決には上記のエレメントタグを「WMAppMainFest.xml」から削除してくださいとあります。

他にも色々な記述がありますが、多いので割愛します。
開発時に躓きそうなことが書かれていますので、リリースノートは目を通しておきましょう。

また、AppHubに登録済みの開発者にはWindows Phone OS 7.1 Beta2へのUpdateの案内メールが届くそうなので、お待ちくださいませ。

ん~~、本当にリリースノートは印刷して目を通した方が良さそうですね……。