Microsoftのセミナーに参加してきました。

ほぼ毎月マイクロソフト主催のセミナーに参加していますが、今回も参加してきました。
今回は、Tech Fielderセミナーである【企業利用者のための、Windows Phoneアプリ開発~業務アプリケーションの配信と管理を実装する】というセミナーに参加してきました。
今回はタイトルの通り、企業向けのアプリケーションを公開する際のHow toがメインのセミナーです。

Part 1とPart 2に分かれており、Part 1では【企業向けアプリケーション展開、考え方と実装例】、Part 2では【アプリケーションに認証機能を実装する】と題されてセッションが行われました。

Part 1 企業向けアプリケーション展開、考え方と実装例

  • 開発用の端末には開発中のアプリは10個までしか登録できない。
  • テスター用のアカウントを用意するなど、企業向けアプリを開発するときにはサーバーインフラ周りも考慮する必要がある。
  • 企業向けアプリもAppHub経由が必須。
  • AppHubへの申請の際にはテストのメモは詳細に記載しておこう。
    ログインが必要であれば、テスター用のID/Passも記載しておく。
  • アプリケーション公開時のディープリンクの通知の際には、セキュリティー要件に注意して通知する。
    暗号化したメールで通知するなど。
  • 企業向けアプリをインストールするためのアプリを作成するのも一つの方法。
  • Sharepointのリストを利用して、アプリケーションのリンクを公開するのも有効ではないでしょうか。
  • 非同期通信チェック(Errorプロパティ)の確認は忘れずに。
  • Json.NETおすすめ。
  • IE Mobileは、アドインをサポートしていないので、それらを利用したシステムをWP7に対応するときは注意が必要。
  • IE MobileはUser Agentは2つある。
  • IE Mobileは特に指定がないとViewportを1024pxでレンダリングするので、最適化されたページを表示できるようにMetaタグを入れる。
    <meta name=”HandheldFriendly” content=”true” />
    <meta name=”MobileOptimized” content=”320” />
    <meta name=”Viewport” content=”width=device-width” />
  • CSS3のMedia Queriesを利用すると、表示の切り分けが出来るのでオススメ。

Part 2 アプリケーションに認証機能を実装する

  • クラウドとオンプレミスとの認証基盤の連携方法やWindows Phoneから認証基盤へアクセスする方法など業務アプリとの連携にも問題がある。
  • Windows Azure Connectは、サーバーとサーバー、サーバーとクライアントといったPPによる接続で仮想ネットワークを構築することが出来る。
  • Windows Phoneへ独自のサーバー証明書をインストールできるようにするには、p7b形式で設定し、手動でインストールしておく(アプリケーションでインストールさせたりする)必要がある。
  • Windows Phoneではプロキシを除外することが設定で出来ないなどの制限がある。
  • Active Directoryとの認証は、SL.IdentityModelやSL.Phone.Federationを使用すると利用できる。
  • App Fabric ACSを利用するには、予めAzure管理コンソールで各サービスの設定を作成しておく必要がある。
  • SL.IdentityModelをWindows Phoneで利用するには、Windpws Phone用にコンバージョンが必要(特定のソースのみで構成してビルド)。
  • スコープ毎に管理するクレームを設定しておく必要がある。
  • Identity Developer Training Kitがあるので、トレーニングに利用してみて。
  • Azure Sync Serviceはオンプレミスとクラウドの同期を行える注目なサービスです。

その他

  • Holiday App Contest実施中。
    12月15日締め切りです。
  • ハッカソン祭りやります。
    12月21日に東京でハッカソン実施後に忘年会兼表彰式やります。
  • IE MobileとWebBrowserコントロールの違いは?
    →履歴管理が出来る・出来ないや実行できるスクリプトに差異があるなどの細かい違いがある。詳細はMSDNのライブラリを確認を。

Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio 2010

今回は久しぶりにWindows Azureの話題です。

Windows Azure開発者待望のWindows Azure Tools for Microsoft Visual Studio 2010の最新バージョンが公開されました。

Announcing the August 2011 Release of the Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio 2010

今回の目玉はWebRoleにASP.NET MVC3のテンプレートが登録されたことです。またWindows Azure ToolkitのバージョンもV1.4に上がりました。

一部UIから日本語が消えたと嘆いている方もいるようですが、英語に慣れるということで考えれば良いのではないでしょうか。

VSUG DAY 2011 Summer

今回は先日行われた『VSUG DAY 2011 Summer』に参加してきました。
参加人数的にもかなり好評のようで、100名ほど参加されていたようです。

VSUG DAYの概要、セッションの内容はこちらをご確認ください。
http://vsug.jp/tabid/228/EventID/17/Default.aspx

今回はUstreamによる配信もありましたが、あまり調子はよくなかったようです。
一応、全体のつぶやきの流れをtogetterにまとめましたので、各セッションの流れを把握されたい方は以下をご覧ください。
http://togetter.com/li/151572
twitter上のハッシュタグは「#vsug」あたりで検索してください。

全体の所感として、次のように感じました。

  • 午前のセッションに注目して来られた方が多かった。
  • Twitterでつぶやく人は少なかった。午前はそれなりにありましたが、午後はほぼ皆無で私以外はほとんど投稿がなかったり。おかげでtogetterのつぶやきチョイスもほとんど楽でしたが。
  • 皆さん、それ相応にメモっていたので、知識を吸収しようという方が多い。
  • HTML5とかいったら、すぐ「SLはなくなるの?」とか言ってるのは、両極端に物事を考えすぎ。もう少し落ち着け。
  • Mango良いよね。
  • WPFとSLはテクノロジーは似ていても、乗ってる土俵が違うからWPFがなくなるなんてないよ。WPFは.NETのサブセットです。SLはブラウザのランタイムです。
  • IPv6対応は、考える必要が出てきたよ。
  • Azure AppFabricは、面白くなってくるよ。
    ※私が知識を吸収するのは大変かもしれないです。
  • WP7開発では、ツールよりもドキュメントを日本語にして!
  • Azureはインスタンスを作成した段階で、課金対象だからインスタンスの削除を忘れずに。
  • Project ICHIGANよろしく。
    http://www.facebook.com/IT1gan
    9月頃に中間報告も含めてセミナーやる予定です。
  • Visio使わなきゃ損だよ。
  • Microsoft.Office.Excel.Interop使わなくても、Excel操作できるようにしちゃいました。
    http://www.ailight.jp/
  • デブサミ仙台よろしく。仙台から日本の開発者を元気に!
    http://codezine.jp/devsumi/2011?cid=dev2011_seevpicklink_home_1222
  • Hack For Japanよろしく。
    http://www.hack4.jp/
    次は7/23,30にやります。
  • 今回は、午後のセッションでは「#vsug」のハッシュタグでは、一人黙々とつぶやいていたこともあって、主催者様より非売品のIE9Tシャツをいただきました。
    改めて、ありがとうございました。

mvcConf @:Japan

先日の6/11に、日本マイクロソフト株式会社にあるセミナールームにて、ASP.NET MVCを中心にしたセミナーである【mvcConf @:Japan】が開催されました。
朝からの開催にもかかわらず、会場内は満員御礼で活気に満ちていました。

公式サイトは以下URIでご確認ください。
https://itmedia.smartseminar.jp/public/seminar/view/261
各セッションのスライドは以下URIにアップされています。
http://www.slideshare.net/mvcjpn/presentations

各セッション毎の所感としては……

  1. 『最初に全体を押さえようASP.NET MVCオーバービュー』 (登壇:長田直樹氏)
    ASP.NETの歴史を総復習できたセッション。40分強でASP.NETの変遷やASP.NET MVCの有用性などが把握できます。
    僕は、WebFormを敬遠した記憶があるので、改めて歴史を学べて良いセッションだと思いました。初めてASP.NETに触れるなら良い勉強になると思います。

    長田氏のブログ(ちょっと長すぎたので、短縮URLにしています)
    http://bit.ly/lfZfIC

  2. 『ASP.NET MVC 3とNuGetで始める高速Webアプリ開発』(登壇:芝村達郎氏)
    今年の4月にASP.NETのMVPになられた芝村氏のセッション。
    MVC3開発セッションと云うよりは、ASP.NET4で投入されたRazor構文が如何に便利でASPXより書きやすく、開発効率がよくなる(開発コストが低くなる)かと云うことを説明するセッションのような感じがしました。ヘルパーやメソッドの書き方など短時間で親切な説明で参考になりました。
    後半はNugetを利用して、ヘルパーを有効活用しよう的な内容でした。短時間でヘルパーアプリを作って、Nuget用のパッケージを作成し公開するまでの手順を紹介されていました。

    芝村氏のブログ
    ASPXとRazor構文の違い
    http://d.hatena.ne.jp/shiba-yan/20110317/1300294985
    HTMLヘルパーの話
    http://d.hatena.ne.jp/shiba-yan/20110327/1301152413

  3. 『お気に入りのWeb Stack – MVC, jQuery, HTML5』 (登壇:竹原貴司氏)
    実際に作成されたアプリを通して、MVCと他のjQueryやHTML5の技術をどう取り入れるかを紹介されたセッション。
    実は……途中からの受講になってしまったので、前半が分かっていないと後半は理解するのがちょっと大変です。jQuaryほとんど分かっていなかったし。ちゃんとjavascriptを利用したWebアプリを作成する必要があるなと実感したセッションでした。

    竹原氏のブログ
    http://takepara.tumblr.com/post/6451043108/mvc-photos-home
    今回のセッションのために作成されたアプリ MVC Photos
    http://mvcphotos.codeplex.com/

  4. 『MVCのM』 (登壇:小野修司氏)
    ASP.NET MVC 3とEntity Frameworkを利用したコードファーストでDBを利用したWebアプリのお話。MVCのMというタイトルの通り、M(Model)の役割やデータの置き方などの説明が多彩でMVC 3にチャレンジするときにはかなり有用になるセッションです。
    実際にデモを交えながらのセッションでしたので、分かりやすいセッションだと思いました。

    小野氏のブログ
    http://blogonos.wordpress.com/2011/06/12/mvcconf-japan-%e3%81%b5%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%88%e3%82%8a-1%ef%bc%9a-mvc3-codefirst-%e3%83%87%e3%83%a2/

  5. 『クラウドとHTML5で作成するスケーラブルなWebアプリ開発術 ~Windows Azure + ASP.NET MVC 編~』 (登壇:勇大地氏)
    Windows AzureとMVC 3をマッチングさせたWebアプリ作成での注意点などを紹介されたセッション。
    現在、Windows AzureのプロジェクトにはASP.NET MVC 3のテンプレートは含まれていないのですが、MVC3のプロジェクトを組み込んでAzureにデプロイする手順などを紹介されていました。

今回のセミナーでは、同時に色々な技術に関して紹介されていました。

セッション後は懇親会もあり、いつもTwitter上でお世話になっている方々とも挨拶が出來、本当に充実した一日となりました。

僕は、実際のところ2年ほど前から徐々にWebやWindowsアプリケーションの開発に携わるようになったので、ほとんど知識はゼロに近い状態です。ですが、昨今のMVPの方々が提供してくださる記事のおかげで何とかしがみついています。今回のセミナーも基礎部分においても有用な情報が多くありましたので、是非活用していきたいと思います。

※各セッションの映像は後日、Channel 9にて公開される予定だそうですので、公開された際に改めてURIはこちらで掲載したいと思います。

Microsoft Developer Forum 2011

昨日、日本マイクロソフトが主催する開発者向けのイベント『Microsoft Developer Forum 2011』が行われました。幸いにも僕もこのイベントに参加する機会がありました。

詳細なレポートは、技術系の色々なサイトにて挙がっていますので、僕の方では割愛いたします。

今回、スティーブ・バルマーCEOの基調講演を聴いて感じたことは、
「日本の開発者よ!もっと世界に出てきなさい。あなた方にはその力があるんだから!」
これに尽きると思う。バルマーCEOの基調講演で激励され、さらに飛躍できるよう自分を鼓舞していきたいなと思います。

また、日本マイクロソフトもついに萌えキャラでの広報に本気出してくれました。

Windows Azureを萌えキャラが紹介する「クラウドガール -窓と雲と碧い空-」、第1話を公開
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20110523_447915.html

僕もバナーを張って応援したいと思います。
MSDN クラウド 技術解説コミック新登場 クラウド ガール - 窓と雲と碧い空 -

これからも、マイクロソフトから目を離せません!

5/24 14:59 追記:Impress Game watchの記事のリンクを追加。