書籍レビュー – はじめてのVisual Studio 2012

2013年最初の投稿です。

久しぶりに書籍レビューです。

今回は秀和システム様より発刊された「はじめてのVisual Studio 2012」です。
執筆者飯島様からのご厚意により献本いただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

この書籍は、Windowsアプリケーションの開発では必須となる開発環境である「Visual Studio」の最新版「Visual Studio 2012」の機能を詳細に紹介した数少ない書籍になっています。
Visual Studio 2012の中でもProfessional / Test Professional / Premium / Ultimate エディションを利用されている開発者でも機能をフルに使いこなせている人はほとんどいないと思います。
巷ではExpress版での開発に重点を置いた書籍の方が圧倒的に多いですが、それ以外のエディションでの重要な機能をしっかりと紹介された書籍はほとんどありません。いったいどんな機能がエディションごとに用意されているのかを把握し、その機能の内容を知る書籍としては最適な書籍です。特にテストプロジェクトやTFSとの連携をあまりされていなかった方は、この書籍で機能の把握をしておくとALMやテスト駆動開発などへの理解が一気に進むのではないかと思います。

本書の詳細な章構成は、以下の秀和システム様のWebサイトをご確認ください。
TECHNICAL MASTER はじめての Visual Studio 2012

本書は前バージョン向けに「はじめてのVisual Studio 2010」という書籍が発刊されていますが、前著と大きな変更点と言えるのは、Windows Store アプリケーションの開発の章が追加されています。早い段階で何冊かWindows Storeアプリケーション向けの開発書籍は出ておりますが、本書でもWindows Storeに公開するまでの手順は紹介されています。詳細な開発手順やテクニックなどは別の書籍をお奨めしますが、ざっと概要を把握するにはよいのではと思います。

次にセットアッププログラムの章が変更されています。2012から作成できるセットアッププロジェクトは、Install Shieldのみとなり、MSから提供されるセットアップ方法はClickOnceとASP.NET配置のみになりました。そのため変更されています。

またテスト用のプロジェクトが強化され、単体テスト用のプロジェクトとUIテスト用、Webのパフォーマンステスト用の3種類のテストプロジェクトが作成できるようになりました。そのため、テストプロジェクトの章もWindows Storeアプリケーション開発の章と同様に大幅に増強されています。テストプログラムをあまり書かなかったりしていた開発者の方は、この章だけでも読んでみてはいかがでしょうか。

Visual Studio 2010から一気に強化された感じのするTFSとの連携機能ですが、この点も抜かりなく紹介されているので、私みたいにほとんどコード管理のみで利用していたTFSの機能を更に有効に使いこなせるようになる第一歩になるのではないでしょうか。

また、このほかにもVisual Studio 2012で開発できるアプリケーションの種類なども網羅されています。
「はじめての~」とタイトルにはついていますが、Visual Studioをあまり使いこなしていない人には必読になる書籍だと思います。

今回紹介した本のご購入はこちらまで
はじめてのVisual Studio 2010 (TECHNICAL MASTER 62)
はじめてのVisual Studio 2012 (TECHNICAL MASTER 72)

VS2012のバージョン情報のユーザー名表示

Visual Studio 2012のバージョン情報ですが、今回もライセンス名の表示は修正する必要がありそうです。

image

これはすでに修正している内容なんですが、今回もレジストリエディタを利用して修正する必要があります。
修正個所は、MSDNのブログを参考の上、バージョン11.0のキーの該当箇所を修正してください。

The Visual Studio 2010 Help-About dialog box and the Splash Screen shows Registered Username and Registered Organization as Microsoft.

これから、またVisual Studioなどの開発ツールの話題が盛り上がりそうですね。

Metro StyleからModern Styleへ

一部ニュースサイトでも話題に上がったWindow 8やWindows Phoneで使用されているユーザーインターフェースの呼称問題ですが、どうやら【Modern Style】ということでひとつ落ち着いたようです。

今までMetro Styleで親しまれていたUIの呼称ですが、これからはModern Styleで統一されていくようですので、本ブログでもModern Styleまたはモダンスタイルで表記していきたいと思います。

Windows 8, Visual Studio 2012のRTM版が公開されました。

昨日~本日未明にMSDN サブスクリプション向けにWindows 8およびVisual Studio 2012のRTM版が公開されました。

個人的に今回の目玉は今まで市販のみだったTeam Foundation Serverが無償のExpress版を用意したことです。
やはり高価ということもあり、敬遠していた中小企業もあるかと思います。これを機にバージョン管理をTFSに移行してみるのもいいかもしれません。
現在プレビュー版ですが、クラウドのTFSの提供も予定されています。

ここ1~2か月Windows界隈は非常ににぎやかで色々なものが目白押しとなっていてどこにフォーカスを当てればよいのか判断できないところです。
Windows 8のModernスタイルの方はすぐに追うことはできませんが、今後発表が期待されるWindows Phone 8のModernスタイルはちまちま追っていきたいと思います。

【メモ】Crystal Reports for Visual Studio 2010

業務用アプリケーションを開発されている方はご存知かと思いますが、Visual Studio 2010からは帳票作成向けのコンポーネントである「Crystal Reports」はバンドルされていません。

Crystal Reports for Visual Studio のサポート(MSサポート)

現在は米SAP社から提供されており、Crystal ReportsをVS2010で使用する場合、同社のHPからプログラムをダウンロードする必要があります。

Download SAP Crystal Reports for Visual Studio

VS2008などの旧バージョンのサービスパックなどをダウンロードするには、次のページでダウンロードする必要があります。

SAP Business Objects Support Software Downloads

Crystal Reportsの話題は、@IT辺りで検索するとかなりの記事がヒットしました。

VS2010でCrystal Reports使う必要が出てきたときに、ダウンロード先などの参考にしてもらえれば幸いです。